ビジネス文書

ビジネス文書(仕事に関係する書類)を作ることが会社に勤めてると必ずあります。社外に出すものか、社内で使用するかというのでも随分大きな違いがあります。そして、最近はやり取りがメールということもあります。新しいビジネスマナーということでメールのビジネス文書を作ることも必要になってきてるようです。とはいっても、紙での書類のビジネスマナーとあまり変わりはありません。あくまで、ビジネスマナーを守るってことが絶対条件のビジネス文書です。口頭での間違いはあまり問題にならないかもしれませんが文書でのビジネスマナーのミスっていうのは大きく響いてくるものです。しっかりとチェックをして、ビジネスマナー違反なところはないか見る必要があります。そして、丁寧で堅い文章であるということが基本です。今はテンプレート化されているのでケースに応じて対応していくようにしましょう。また日付漏れのないように、確認を怠らないようにしましょう。またビジネスマナーでビジネス文書を知る上では社外文章と社内文章っていうのがあります。「稟議書」「通達」「報告書」「計画書」「議事録」といったものが社内文書です。そして「挨拶状」「礼状」「通知書」「見積書」「注文書」「請求書」などというのが社外文書となります。定型文というフォーマットされたものが社内文書にはあります。なのでフォーマットに基づいて作れば問題はありません。事務的な文章が基本となっているので時候の挨拶なんかも必要ありません。気を付けるのは内容があってるかどうかと日付を入れるという事です。 社外文書については言葉遣いから末文と前文の挨拶などいろいろありますが、フォーマットによって選べば良いでしょう。あくまでも横書きがビジネスマナーとしては原則となっています。一番初めは会社名、役職名、担当者氏名という順で書いていきます。宛名の後の文字で会社などの名前の後には「御中」個人名なら「様」、役職などであれば「殿」と付けます。

コメントは受け付けていません。